スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
E10ブログ終了のお知らせ
約2ヶ月に渡り、E10ガソリンに関わる内容を発信してきましたが、今回の
更新をもちまして最後となりました。
E10モニターとしてご協力をいただきました皆さまをはじめ、これまで支えて
いただいた関係者の皆さま、このブログをお読みいただきました皆さま方に、
この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

現在、地球温暖化問題の深刻化や化石燃料の枯渇可能性などの観点から、
バイオマスをはじめとした再生可能エネルギーの活用・導入が社会的に
重要な課題となっています。

このブログで紹介してきました「E10ガソリン」をはじめとした「バイオ燃料」
は、二酸化炭素排出量の削減や、農業振興などへの貢献に非常に重要な
役割を担っております。

まだまだ、日本国内においては、バイオ燃料の一般普及には至っておりませんが、地球環境の保全につなげるためにも、今後ますますの普及拡大を期待しましょう。

最後にE10モニターにご協力いただいた皆さまの、走行記録・アンケート結果
につきましては、後日、北海道のホームページにて、公表いたします。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/tot/bioethanol.htm
スポンサーサイト
[2013/03/26 17:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
E10ガソリン モニター現場レポート~Part2~
先日、来られたモニターの方は、普通車から、軽自動車のN-ONEに
乗り換えられ、納車当初は、レギュラーガソリンを入れられていて、
エンジン音が気になっておりましたが、E10を給油し始めてからは、
エンジン音が落ち着いたように感じられたとの感想をいただきました。
寒い中でも、皆さん順調に使われているようです。

N-ONEブログ用圧縮

1月26日から始まったE10モニター事業も、3月18日をもって、
無事終了するとこができました。心より感謝申し上げます。

梶さんブログ用圧縮

E10モニターとしてご協力いただきました皆さん、ありがとうございました。
[2013/03/21 12:03] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
「北海道産バイオエタノール・セミナーin札幌」参加報告
今回は、3月14日(木)に札幌にて開催された、
「北海道産バイオエタノール・セミナーin札幌」に
参加させていただいた様子をご紹介します。

セミナーの内容は、国内でのバイオエネルギー、バイオ燃料生産の
取り組みなど、今後の普及拡大と理解を深めるべく、盛り沢山の内容で
セミナーが開催されました。

IMG_4179.jpg

私たちも、現在の「E10走行モデル事業」の乗りごこち調査、
企業向け意識調査などの結果を報告させていただきました。
E10モニターの皆様のアンケート結果につきましては、ほぼ普通のレギュラー
ガソリンと変わりないとの感想を頂き、エコで安心なE10ガソリンを体感して
いただいております。

また、セミナー会場内の後方では、E10に関するパネルを展示させて
いただき、普及啓発を行いました。

パネル

[2013/03/18 08:54] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
E10ガソリン モニター現場レポート
今回は、実際にE10ガソリンを給油しているスタッフからのレポートです。
モニターに参加されている方から伺ったE10ガソリンを使用した感想では、
『通常のレギュラーガソリンと変わらない』との声を多く頂いており、
今年の冬は特に雪の日や寒い日が続いていますが、トラブルも確認されて
おらず、問題なく使っていただいているようです。

また、モニターの方々が気にされていた事としては、今後販売された場合の
E10ガソリン価格です。
これから様々な検討がされていく事と思いますが、
『昨今の燃料価格高騰が消費者の家計に影響するなか、
            環境に良いものはお財布にも優しくあって欲しい』
との声も聞かれました。

E10給油施設
※E10ガソリンの給油施設です。

現在、E10ガソリンに対応している車種は、トヨタのアリオン、
プレミオ(H24.12発売~)、ホンダのN-ONE(H24.11発売~)、
N-BOX(注:H24.12.24以降発売の車両)で、現在モニター事業に
参加している車両の多くは、ホンダのN-ONEユーザーです。
昨年12月にマイナーチェンジしたばかりの「ホンダ N-BOX」も新たに
E10ガソリン対応車となり、N-BOXユーザーの方も1名参加しています。
今後、さらにE10ガソリン対応車が増えてくるといいですね。

E10車対応表示
※対応車種には、給油口に「バイオ混合ガソリン対応車」のシールが
 貼付されています。
[2013/03/12 08:45] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
バイオ燃料を使うメリット
バイオ燃料を使うメリットについては、大きく分けて下記の3点があります。

①温室効果ガスの排出削減
バイオ燃料は原料となる植物が光合成により二酸化炭素を吸収するため、
燃焼させても二酸化炭素が増加しないとみなされる、いわゆる、
「カーボンニュートラル」の燃料です。
そのため、各国は温室効果ガスの排出削減の手段として、バイオ燃料の
導入を進めています。

②農業振興
バイオ燃料の導入促進には農業振興という側面もあります。十勝地域では、
余剰てん菜や規格外小麦などを原料としてバイオ燃料を製造することにより、
輪作体系が維持されるとともに農家の経営安定に資することが期待されます。
③エネルギー自給率向上
自国の農業振興を図るため、バイオ燃料の導入を進めている国の多くは、
自国において荒廃農地などを活用して生産される作物で、バイオ燃料を
製造することを計画しています。
そのためエネルギー自給率を向上させる一助ともなります。


将来的に、現在使用されている石油などの化石燃料の枯渇が懸念されて
おります。 バイオ燃料を石油の代わりに利用することで、限られた資源を
大切にすることができ、 また、農作物や廃木材などを利用して人の力で製造
できるため、枯渇することなく、 使い続けることができることも 注目される
要因です。

地球温暖化防止のためにも、今後ますますバイオ燃料の普及拡大に 期待
したいものですね。
[2013/03/07 09:55] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
『北海道産バイオエタノール・セミナーin札幌』開催のお知らせ
■日時 平成25年3月14日(木)13:00~17:00

■会場 北農ビル 19階 (札幌市中央区北4条西1丁目1番地)

■主催(共催)
  北海道農業バイオエタノール燃料推進協議会
  北海道バイオ燃料地域協議会

■プログラム(予定)
 ◇基調講演  
    「国産バイオ燃料生産の意義と課題(仮題)」
     エネルギー戦略研究所株式会社取締役研究所長 山家公雄 氏
 ◇講  演  
    「我が国のバイオマス戦略と今後の課題について(仮題)」
     農林水産省 食品産業局バイオマス循環資源課
     バイオマス事業推進室長 山田耕士 氏
 ◇取組事例報告
     ①大成建設株式会社「恵庭市での取組について」
     ②北海道「北海道における取組について」
     ③北海道バイオエタノール株式会社「十勝清水町での取組について」
     ④オエノンホールディングス株式会社「苫小牧市での取組について」

参加を希望される方は、お申込みが必要となります。
詳しくは下記の北海道のホームページより、ご確認ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/tot/bioethanol.htm
[2013/03/06 13:07] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
E10試乗車の期間延長
環境にやさしい、E10ガソリンを入れた試乗車、
「HONDA N-ONE」
ご好評につき期間を延長します!
ぜひ、この機会に「N-ONE」+「E10ガソリン」の
エコで軽快な走りをお試しください。
E10ガソリンがなくなり次第終了となりますので、お早めに!

000.jpg


㈱ホンダカーズ帯広
Honda Cars 帯広 西21条店
〒080-2471 帯広市西21条南1-15-13 ℡0155-36-1211

Honda Cars 帯広 札内店
〒089-0538 中川郡幕別町札内共栄町176-7 ℡0155-23-1211

Honda Cars 帯広 西17条店
〒080-0047 帯広市西17条北1-31-8 ℡0155-35-2505


㈱ホンダクリオ帯広
Honda Cars 帯広中央 西22条店
〒080-2462 帯広市西22条北1-12-32 ℡0155-37-6116

[2013/03/05 10:21] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。